グローバル品質基準に則った
一貫生産体制、
高品質・低コスト・短納期で
医薬品原薬を受託製造。

協和ファーマケミカルでは、酵素法や不斉合成法、光学分割法といった独自のキラルテクノロジーを駆使して、医薬品原薬のほか、お客様が開発中の治験薬用原薬などの受託製造も承っています。

高品質な医薬品原薬を低コストで安定的に供給するため、生産設備の設計・エンジニアリングを含むトータルな製造技術を注ぎ込んで、それぞれのプラント構築に当たっています。マルチパーパス工場での一貫生産体制は、工程の合理化・効率化を実現するだけでなく、「トンからグラムまで」、すなわち大容量バッチ生産から多品種少量生産まで、柔軟に対応できます。フレキシブル生産システムを確立し、幅広いスケールに対応できるバラエティに富んだ生産設備は、多くのお客様から好評を得ています。

さらに、GMP(Good Manufacturing Practice)やグローバル品質基準に則った管理体制を整備していますので、品質(Quality)・コスト(Cost)・納期(Delivery)のあらゆる面において、お客様のご要望にお応えすることが可能です。

2016理综全国1化学试题

安徽中考2013化学试题

「より高品質な製品を安定して、なおかつ低コストで供給する」というテーマのもと、当社ではエンジニアリング技術を含むトータルな製造技術によるプラントを構築しています。
単一工場での一貫生産体制を可能にすることにより、生産体制の合理化、効率化を実現し、さらに、大容量バッチ生産方式から多品種少量生産まで対応できるFMS(Flexible Manufacturing System)体制を確立しています。これにより、品質・コスト・スピードのあらゆる面からご要望にお応えすることができます。
また、メーカーとしての社会的使命ともいえる環境保全にも取り組み、各生産ラインでの省エネルギー化やリサイクルシステムの導入をはじめ、活性汚泥法装置や排水処理プラント、用水浄化システムなども導入。省資源で環境への負荷を減少するグリーンサスティナブルケミストリー追求とともに、環境にやさしい企業として対応し、国際規格であるISO14001を取得しています。